Education

ネイリストになるため

ネイリストになるための道のり

女性に大人気のネイルですが、それを施すネイリストも注目を浴びています。 今、若い女性のなりたい職業の1つとしてあげられるネイリストは、特に資格が必要とされていません。 しかし、かといって知識や技術も無しに施術することは当然不可能です。 そこで、まずは専門的な知識と技術を習得するためにネイルスクールに通うか、もしくは通信講座で学ぶことが必要です。 中でも、ネイリストを目指す人に人気なのがネイルスクールです。 ネイルスクールは、ネイルに関する知識や技術を学ぶのはもちろんのこと、講師の高度なテクニックを目で見て覚えられ、なおかつ実習を数多く重ねて自分のものにしていきます。 通信講座も学ぶ内容はネイルスクールと同様ですが、どうしても実習が不足気味となってしまうのです。 ただし、地方でネイルスクールがない場合や、仕事や家事に忙しく時間が取りにくい方には通信講座が大きな力になるでしょう。

資格の取得と将来の目標

ネイルスクールの多くは、卒業までに民間資格のネイリスト検定に合格することを目標にしています。 ネイリストに資格は必ずしも必要とされていませんが、それでも資格を取得することで基本的な知識や技術を身につけた証明になるため、就職の際には有利になるとされているのです。 ネイルスクールを卒業すると多くの人がネイルサロンに就職しますが、それですぐ第一線に立つわけではなく、ほとんどは先輩ネイリストの補佐をしながら更に細かい技術を習得し、来客とのコミュニケーションの取り方を覚えてやがて一人前のネイリストとして育っていきます。 多くのネイリストの最大の目標は、自分の店を持つこと、すなわち開業することと言われています。 そこで成功するには、日々進化するネイルアートなどの最新の技術を常に自分のものにする必要があるのです。 そのため、再びネイルスクールに通い、さらに高い技術を習得しそれを証明するより難度の高い資格を取得できる講座で学ぶ人も少なくないとされています。